賃貸業のフランチャイズ化

現在は不動産の賃貸と言えば、地場の不動産業者がフランチャイズの店舗であるとともに、ブランドとして営業を行っているようです。ここ20年くらいの間に浸透してきています。

フランチャイズ化するにあたって、全国的なネットワークが構築され、物件が探しやすくなるようです。

■アパマンショップのフランチャイズ

賃貸物件を探すとき、アパマンショップという名前を聞いたことはないでしょうか。

本社は東京都千代田区大手町にあるAPAMAN株式会社が中心となる不動産賃貸におけるブランドでフランチャイズ化して全国展開しています。代表取締役は、大村浩次で創業は1999年になります。

賃貸のフランチャイズに関しては、創業前に大村浩次と大手の賃貸管理業の経営者が集まり、質の向上やIT化を目指して研究していたようです。それが具現化したのがアパマンショップで、現在はすでに店舗数が1000を超えているようです。北海道から沖縄まで、どこに行ってもアパマンショップの店舗を目にします。

■全国展開によるネットワーク

大村浩次が目指したのは、単純に賃貸業のフランチャイズ化だけではなく、IT化も含めたものだそうです。FC店舗による全国展開と併せて、データベースを構築し、賃貸の物件の管理を行っているのです。

そのために、グループ会社として、システムを開発する企業があるとのことです。

FCに加盟した店舗の取り扱う賃貸物件をデータベース化することによって、全国のどこの店舗からでも物件の検索が可能になります。

これは、物件探しを現地まで行かずとも、現在住んでいる地域の最寄りの店舗で行うことができるということになります。これは、物件探しをする人にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。

■フランチャイズによるメリット

フランチャイズ化することによるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、ブランド化され統一されることで、若干の違いはあるのですが、基本的に全国どこでも同じレベルのサービスを受けられるという点があります。

フランチャイズ加盟に至って、細かな取り決めがあり、また、研修なども行われるため、店舗の雰囲気も同じとなり、従業員のレベルも底上げされるようです。

転勤が多く、引越しが多くなってしまう人の場合、どこに行っても同じレベルのサービスが受けられるフランチャイズ店舗は安心して物件探しをすることができそうです。

不動産賃貸業のFC化によって、いままでの物件探しとは少し探し方も変わってきています。もちろん、フランチャイズ化かされていない店舗もありますから、それぞれの特徴を理解したうえで、うまく物件探しをしたいものです。

アパマンショップの店舗数

不動産賃貸の大手はいくつかあります。その中でアパマンショップは他の業者と比較してもかなり店舗数が多く、特徴的となっています。経営方針等にも違いはあるでしょうが、アパマンショップに店舗数が多い理由について考えてみましょう。

■不動産賃貸の仲介専門のアパマンショップ

アパマンショップは、1999年10月に東京で創業しています。代表取締役は大村浩次です。同時期に福岡に支店を開設しているのですが、これは、代表を務める大村浩次の出身が福岡であること、地元を愛してやまないことから支店を開設したといえるでしょう。

不動産賃貸の仲介を専門に行っており、店舗はフランチャイズ方式をとっています。アパマンショップ自体が、フランチャイズ方式で店舗経営を行うことを前提として創業された会社だといえるでしょう。

もともと大村浩次は、不動産賃貸のフランチャイズ化について研究をしており、商号はともかく、将来的にフランチャイズ経営を行う不動産賃貸の会社を興すつもりはあったようです。

■なぜ他より店舗数が多いのか

アパマンショップの場合、同じフランチャイズ経営を行う同業者に比べて店舗数が多くなっています。現時点で1000を超える店舗で営業を行っています。同じ業界でも大手の企業が800店舗や500店舗ですから、それに比べても多いということになります。

これは、アパマンショップの経営スタイルによるところが大きく影響しているようです。

というのも、アパマンショップの場合、直営店をほとんど持っていません。直営店の場合、新規出店となると資金も含め様々な準備が必要となります。しかし、ほとんどがフランチャイズの店舗となると、審査等は必要ですが、新規店舗の出店に関してあまり考える必要がないということになります。そのため、店舗数を増やしやすい状況であるということになるのです。

■現在はAPAMAN株式会社

創業当時は株式会社アパマンショップネットワークという称号だったのですが、持ち株会社への移行や、商号変更を経て、現在はAPAMAN株式会社としてグループ全体の経営を行っています。

グループ会社の中にはIT企業もあります。これは、創業前に大村浩次氏が研究を行なっていたのがフランチャイズだけでなく、業界のIT化についても研究をしており、その業界のIT化を行うための企業となっています。外部に委託するよりは、より緻密なシステムやデータベースの開発が可能になりそうです。

フランチャイズ経営は、店舗数は増やしやすい営業形態となります。しかし、店舗や従業員はフランチャイズに加盟した別の企業となります。そのため、扱う物件も企業によって異なりますが、フランチャイズ化することによって、ひとつの統一されたデータベース上の物件ということになるので、店舗数、参加する企業数が増えるほど、管理する物件の情報が増え、目的とする物件は見つけやすくなるのかもしれません。

おすすめサイト◆◆◆ APAMAN株式会社 大村浩次 | Buzip 東京の社長.tv – 日本最大の社長動画メディア

自転車をシェアしよう

日常生活において、簡単な移動であれば自動車よりも自転車の利用が便利でしょう。そのメリットとして、温室効果ガスの排出もありません。世界的な問題となっていることもあり、自転車の利用は地球環境にとてもよいと言えるのではないでしょうか。アパマンでは、近年、賃貸の仲介だけでなく、シェアサイクルの事業も行っているようです。

■シェアサイクルで何ができる?

使い方は色々ですが、大きく分けて考えれば、通勤や通学、また、街乗り、観光といったシーンで便利に利用できるのではないでしょうか。借りる・返却するには、専用のステーションでなければなりませんが、自宅の近くや学校、勤務先の近くにステーションがあれば、その間の移動はシェアサイクルで可能になります。

所有しないメリットとして、片道だけ使用しやすいという点があります。行きはシェアサイクルを使用したが、帰りは迎えに来てもらうといった場合、自転車を気にする必要がないという点です。片道だけ使用しても、また次も同じステーションから利用が可能になるのです。

■シェアサイクルの利用料金

シェアサイクルの使用料金は、丸1日だと1,000円かかってしまいますが、ちょっとした利用であれば、15分で100円にも満たない金額となっています。丸1日で利用期間を考えれば、自転車の購入のほうがよいのかもしれませんが、ちょっとした利用であれば、かなり便利に使用することができそうです。

もちろん、ステーション間の移動となるため、自宅、目的地の近くにステーションがなければ利用は難しいでしょう。自宅近くにステーションがある場合は、目的地によってはシェアサイクルの利用も考えてみるとよいかもしれません。

■シェアサイクルを行うecobike株式会社

ecobike株式会社は東京都千代田区大手町にある会社で、代表取締役社長は奥野里美、そこで顧問を務めているのが大村浩次です。大村浩次は親会社であるAPAMAN株式会社の社長でもあります。創業は2017年10月で、全国各地に展開を行っています。

大村浩次氏が率いるアパマングループでは、不動産の仲介を行っているということもあり、その付き合いのある不動産や土地のオーナーから賛同を得て、ステーションの拡大を行っているようです。

全国展開が進めば進むほどより便利に使用できるようになりそうです。自宅からの利用だけでなく、旅行先などでも利用できるのであれば、使用頻度も増えてきそうです。

シェアサイクルは、2017年5月1日に施行された自転車活用推進法によって、各自治体などが取り組みとして行っています。そのため、アパマンでも自治体と提携し、事業を行っているようです。環境対策、渋滞対策に効果はありますが、何より個人の健康のためにも効果的なものとなっているのではないでしょうか。

経営者の地元への熱い思い

1993年に発足したJリーグですが、当時は10のクラブから始まったのですが、現在は多くのクラブが参加しています。1996年に加盟した福岡市をホームとするアビスパ福岡は、現在までの間に経営難に陥り、そこから奇跡の再建を遂げているのです。

■2013年の経営難

アビスパ福岡はもともと赤字体質であり、それが慢性的に続いていたようです。スポンサーの撤退もあり、新しいスポンサーが決まればよいのですが、なかなか難しかったようで、2009年には、ユニフォームのスポンサーがほとんどない状態でシーズンを始めざるをえなかったようです。それが、大きな問題となったのが、2013年頃のことで、Jリーグのクラブライセンスで「個別通知」の付帯のついたライセンスが交付されています。

このライセンスの交付後に地元紙でJリーグ退会の危機的状況であることが報じられているのです。

■転機となった1億円の融資

アビスパ福岡が復活の転機となったのが、2014年のシステムソフト社からの融資となります。システムソフト社は現APAMAN株式会社のグループ会社であり、そのAPAMAN株式会社を率いているのが大村浩次です。

これは、大村浩次が当時J2に所属していたアビスパ福岡の経営を引き受ける決意をしたことに始まっているようです。APAMAN株式会社は東京に本社を置いていますが、代表取締役である大村浩次は福岡県の出身です。もともと地元に対して思い入れの強い人があり、地元のサッカークラブのためにいろいろと尽力されたようです。

現在のアビスパ福岡の代表取締役は、川森敬史で、APAMAN株式会社の常務取締役でもあるのです。

■APAMAN株式会社とは

APAMAN株式会社は不動産の賃貸の仲介で有名なアパマンショップのグループ会社を率いる親会社で、株式会社アパマンショップネットワークという会社で多くの子会社を抱え、その管理を行っています。

もともと、不動産の賃貸の仲介業務をフランチャイズ化する、また、不動産業のIT化を目指して創業された会社で、現在は、業界でのトップの店舗数を誇るひとつのブランドとなっています。

日本全国、どの都道府県に行っても、その店舗があり、どの店舗からでも全国の物件の検索が可能になっています。そのデータベースやシステムを作っているのが、アビスパ福岡に1億円の融資を行ったシステムソフト社なのです。

APAMAN株式会社は本社こそ東京で創業していますが、同時に社長であり、創業者でもある大村浩次の出身地の福岡に同時に支店を開設しています。フランチャイズで全国展開を考えれば、本社は東京であるほうがよいですが、同時に地元への思いも強く、それが同時期の支店の開設、また、地元サッカークラブの危機に対しての助力につながっているのではないでしょうか。

不動産の総合サービス

不動産の賃貸の仲介から始まり、現在は様々なサービスを行なっている企業にAPAMAN株式会社という企業があります。みなさんも名前を聞いたことや店舗を見かけたことはあるのではないでしょうか。

店舗数では業界トップのAPAMAN株式会社は他にどのようなサービスを行っているのでしょうか。

■APAMAN株式会社はグループのトップ

まず、APAMAN株式会社というのは、グループ企業のトップであり、多くのグループ企業の管理を行っています。現在の商号は、商号変更によるもので、創業時の商号は株式会社アパマンショップネットワークになります。創業者は大村浩次で現在の代表取締役社長でもあります。

アパマンショップは賃貸不動産の仲介としてのひとつのブランドとして定着しているといえるのではないでしょうか。不動産の仲介をフランチャイズ形式で店舗を展開して行っているのですが、店舗数は1000を超えており、業界でもTOPとなっています。

もともと大村浩次氏がフランチャイズ化の研究を行っており、同時に不動産業界のIT化も考えていたようで、グループ企業にはIT企業も含まれています。

■シェアリングエコノミーという事業

シェアリングということですから、何かを共有して利用することを指しています。もともと不動業者ということもあり、オフィスやイベント用スペース、また、会議室といったもののレンタルを行っています。fabbitと呼ばれる施設で、国内の主要都市を中心に利用が可能となっています。また、海外にもアメリカ、フィリピンに施設があるようです。

他にも、CO2の削減、違法駐輪の削減、市街地の混雑の緩和といった問題の対策に貢献する方法として、シェアバイクということを行っているとのことです。ステーションが設置されている必要があるため、利用できる地域は限られていますが、現在もステーションは拡大しているようです。自治体と協力して整備を進めているようです。

■クラウドテクノロジーに関する事業

グループ会社にIT企業があることから、IT関連の事業も行っています。様々なシステム等の開発を行っているのですが、その一つがシェアリングキーです。これは、以前からすすめられているもので、既存のカギを外して設置するカギだそうです。解除には、アプリやカード、また、パスコードを使用するようです。